レーザーって何?:歯科レーザー治療

人工で作られた光線であるレーザーには大変高いエネルギーがあります。最新治療はこのレーザーを使う事で、多様な治療に貢献しています。
どうしてレーザーなのか?それは、口内にいる雑菌を死滅させ、感染経路である出血部分を熱の効果で止血と消毒を行うので、治療の後の状態が大変良いからです。

レーザーは安全か?
ほぼ、治療時の痛み感じないので、麻酔が不要となり、使用するとしても最小限の回数で済むこと、また、妊娠中麻酔が使用できない場合でも治療が受けられること、ペースメーカーを装着している方にも殆ど影響がありません。

■歯周病(歯槽膿漏)
歯周病になると、歯磨き時に出血します。これを、レーザー治療で歯周病の膿を出して、細菌を死滅、その上出血も少なくて済みます。


■歯根治療
歯の神経がないと、出血したり、雑菌も多く存在します。これをレーザー治療する時はまず、通常の治療後、再度レーザーで仕上げることで、殺菌、消毒ができ、きれいな歯根になります。治療後の痛みも大変少なく、患者さんの負担も軽くなります。

■除痛
レーザー治療の効果のひとつに痛みが少ないことが挙げられます。レーザー治療を施すと、口内炎のような傷も、早く痛みもなく、治りも早いです。

■ムシ歯の予防
歯質強化のためにレーザーで歯の表面を処置しましょう。そうすると、酸への抵抗力がこれまでの予防薬より効果があり、お子さんの歯も歯質の強化でき虫歯菌からも隔絶できます。膿のたまった部分にレーザーを当て、膿を出し殺菌すると美しく健康な状態に戻ることができます。


■黒ずんだ歯ぐき
歯ぐきが黒ずんでしまったら、表面にレーザー治療をすると、短期間で色素がなくなり、痛みもほとんどありません。

歯の表層であるエナメル質に固着した歯石と歯垢等を除去するのをデンタルクリーニングと言いますが、こういう歯垢と歯石等は実は虫歯の病因と言われています。
この頃は医療の技術開発が進展し、針の無い無針注射器シリジェットや様々なデンタルレーザー治療器を使うことで、かなり痛みを減らす事のできる「無痛治療」という手段が開発されています。
診療機材などのハード面について、現時点の社会から望まれている歯科の訪問診療の目的をこなすことの出来る水準に達しているということが言っても問題ないと思います。
良く知られているように口腔内の唾液は酸味の強そうなものや、美味しそうに見えるものを見ただけで自然に分泌されますが、実は虫歯や歯ぐきの歯周病などを防止するのに活躍するのが唾液です。
口臭の有無を自分の家族にすら質問することのできない人は極めて多いと思われます。そう言う人は、口臭の外来へ行って口臭専門治療を受けてみる事をご提案します。


上下の歯のかみあわせの不具合の中でもことさら前歯が頻繁に当たるような場面では、噛みあわせるたびに強い刺激が上の顎骨の前部や鼻骨に特にかかります。
上の親知らずは下と比較して麻酔の効力が有効である抜歯の瞬間もほとんど痛みを感じるという例が少なく、痛さに弱い方においても、手術は比較的容易にできるのです。
口のなかの唾はいかにもすっぱそうな物や、美味しそうなものを目の前にしただけで出てくるものですが、むし歯や歯ぐきの歯周病等を予防するのに適しているのが唾なのです。
ムシ歯になる理由はミュータンス菌と名付けられている菌が起こす作用なのです。一旦口の中にムシ歯菌が出現したら、その菌を取る事は思ったよりも難度の高い事なのです。
噛みあわせの相談のなかでも殊に前歯が頻繁にぶつかり合うような症例では、歯を噛みあわせる都度力が上顎の骨の前の方や鼻骨に直にかかってしまいます。

上の親知らずは下よりも麻酔による効用が強くなるため歯を抜く時もほとんど痛みを感じるといったことが少なく、痛みを感じやすい方であっても、手術は容易に行われます。
歯科衛生士が在宅での医療で欠かせないのは、まずは口内を清潔な状態にすることです。患者さんの口腔内が不潔な状態だと、菌が繁殖したカスそのものを飲み込む事になりかねません。
仮歯が入ったならば、見た感じも気にしなくてよくて会話や食事にも悩まなくて済みます。そして仮歯がある事によって、治療を受けている歯が欠けてしまったり歯列が曲がったりすることはありません。
とある研究の結果、顎関節の違和感などの自覚症状に気づかない人でも、30%から40%の人が歌を歌ったりする時点でこれとそっくりな不快な音が発生することを知っていたそうです。
入れ歯というものに対して抱かれる後ろ向きな心象や先入見は、自身の歯牙で噛んだときの感じと見比べるために期せずして大きくなっていくためと考察されます。

大人と同じように、子どもの口角炎にも複数の病根が挙げられます。特に多い原因は、偏食及び細菌の働きに大別できます。
セラミックの技法といわれているものにも、多様な材料や種類が開発されているため、歯医者と十分に相談して、自分に向いている治療術を絞り込んでください。
歯科衛生士が在宅医療において要求されているのは、最初に患者さんの口内を清掃して清潔にすることです。患者の口内が汚れている状態だと、細菌が増殖した歯のカスをそのまま飲み込んでしまうかもしれません。
ドライマウスに多く見られる病態は、口内がカラカラに乾く、ノドが渇くというのが大多数です。重症の場合では、痛み等の不愉快な症状が見られることもあると言われています。
口内の唾は、いかにも酸っぱそうなものや、おいしそうに見えるものを目の当たりにすると出てきますが、以外なことにムシ歯や歯周病等の病気の防止に有効なのが唾液なのです。

現時点で、ムシ歯を有している人、或いは一時虫歯に悩んでいた人、なんと日本人の約90%がこうした虫歯を誘発する菌を、すべからく保有しているのだと言われています。
患者が権利を有する情報提供と、患者の示した自己判断を許可すれば、それに見合った義務が医者へ今まで以上に請われるのです。
ここ最近では歯周病の大元を退けることや、原因となる菌に冒された病巣を清潔にすることで、組織が再び生まれ変わることが実現できる治療の技術が作り上げられました。
インプラントのメリットは、口に合わないということがなく、飲食時も自分の歯のように間違いなく楽しむことができます。更に、別の治療方法と比べてみると、顎の骨が徐々に痩せていくというようなことがないというメリットがあります。
糖尿病という一面から判断して考えると、歯周病になることによって血糖値をコントロールすることが難儀になりそれにより、糖尿病の病状の悪化を導くこともあり得ます。

仕事や病気等によって、疲労がたまって著しく体力が低下したり、栄養バランスの偏った食事が続くことによって、体調の悪い具合に変わった時に口内炎が出現しやすくなると言われています。
ビオラ社のエムドゲイン治療剤を歯周外科の治療時に塗付すれば、初めて乳歯が生えてきたような具合と同様の、頑丈に接着する歯周再生を助けることが行えます。
とある研究の結果、顎関節がおかしいという自覚症状のなかった人でも、全体の約4割の人が口を開けたりする場合に、これに似たゴリゴリした音が発生するのを分かっていたそうです。
上の親知らずは下と比較して、麻酔の影響力が有効なため、歯を抜く際も鈍痛が伴うといったケースが少なく、痛みを感じやすい方であったとしても、手術は比較的簡単に行うことができます。
ホワイトニングの処置をしない場合でも、歯の割れ目を放置すると、象牙質がもろくなり、冷たい外の空気や食物がかすめる度に痛みを伴う場合があるとされています。